妙信寺ブログ

6月19日供養法要

令和4年6月19日(日)午後1時より、祈願法要を厳修いたしました。

当日は予報に反して、夏を思わせるような蒸し暑い一日となりました。

冒頭、檀信徒の皆様に、住職のお供で大本山本能寺様の日蓮大聖人御生誕八百年記念法要ならびに千部法要の参拝報告をさせて頂きました。コロナ感染症が早く収束し、大本山での法要が沢山の参拝客で賑わうことを願っています。

本日は供養法要です。

方便、自我偈、神力偈、咒陀羅、お題目、此要に続いて、檀信徒の皆様と共に、太鼓を叩きながら自我偈三転読のご修行をいたしました。皆さんと揃って叩く自我偈太鼓は迫力があり気分が昂揚しますね。

終わりに住職より大聖人御生誕八百年記念法要、千部法要の補足説明および今後の行事予定等の挨拶があり、本日の法要を終了いたしました。

檀信徒の皆様蒸し暑い中でのご参拝大変お疲れ様でした。 合掌 善徹記

line_609628380388272line_609647581198369line_609658053061281line_609639972192903

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月5日宗祖日蓮大聖人御生誕八百年記念法要並法華千部法要

6月5日(日)午前10時より大本山本能寺に於いて開催される、宗祖日蓮大聖人御生誕八百年記念法要並びに法華千部法要に出仕するため、住職と共に新横浜午前6時33分発の新幹線「のぞみ3号」に乗車し京都駅へ向かいました。京都に着いて感じたのは修学旅行の学生が多かったことでした。タクシーの運転者さんもバスでの観光客が凄く増えたと話しておられました。観光立国日本を早く取り戻して欲しいものです。

薄曇りながら日差しもあり、京都はさぞ暑いだろうと思っておりましたが、暑くも寒くもなく、吹く風はむしろ清々しささへも感じられ、大法要に相応しい1日でした。

私は1参詣者として、準備に追われ、小走りに走られる学林生の皆さんの動きや、法要の流れなどを勉強させて頂きました。また第17回教師特別講習会時の友人に、久し振りに会うことができ、僅かの時間でしたが有意義な話をすることが出来ました。

日蓮大聖人八百年記念法要および法華千部法要なので、大勢の参拝客で本堂は勿論、境内の椅子席も満席と思っておりましたが、午前、午後の本堂内は椅子席もほぼ満席でしたが、午後はやや少ないように感じました。境内の椅子席は十分に余裕があり、やや寂しく感じました。久し振りの大本山参詣なので、あくまでも私の感想です・・・。

日曜日と言うこともあってか、帰りの京都駅のお土産屋さんは大勢の観光客で賑わっており驚きました。流石に観光地京都ですね。 合掌  善徹記

 

DSC_0022DSC_0014 (1)DSC_0015 (1)DSC_0016 (2)DSC_0020 (1)DSC_0018 (1)DSC_0017 (1)DSC_0013 (1)DSC_0012 (1)

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日祈願法要

6月1日(水)午後1時より祈願法要(月守授与)を厳修いたしました。月初めと言うこともあり、平日にも拘わらず多くの檀信徒の皆様にご参拝頂きました。

冬服から夏服へと衣替えの月です。私も夏の衣に着替えさせて頂きました。

コロナも減少傾向とは言え安心は出来ませんが、この感染症に対する対処法は、皆様良く分かっているように感じます。でもマスクに慣れたこともあり、マスクをしないと不安だと言う人もいるようで、マスクの着用が不必要になっても、暫くはマスクは外せないと言うのが実情ではないでしょうか?

さあ、誰が率先して外すか?勇気が要るところですね。私見ですが屋内は兎も角、屋外では着用不要だと思うのですが如何でしょうか?

毎月1日は祈願法要です。いつもの読経の後、ご祈祷会では住職、副住職による木剣ご祈祷の後、檀信徒の皆様の身体に直接当てる、撰経によるご祈願はもう少し先になりそうです。安心してご祈祷が受けられる日が待ち遠しいですね。

終わりに住職より現在の妙信寺は歴代からの檀信徒のご尽力が大きいこと。および御盆法要は7月17日(日)と18日(月)の2日間に分けて実施する旨の挨拶があり本日の法要は終了いたしました。檀信徒の皆様お疲れ様でした。 合掌  善徹記

line_257834659714451line_257819309904040line_257797516065819line_257778564837337line_257755789781460line_257743308981100

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加