5月16日 御供養会

 

ブログ79 ブログ80

 

5月16日 御供養会を厳修しました。

法要前の挨拶では、先日の福寿稲荷祭の御礼も込めてお話させて頂きました。

妙信寺開基の日浄上人が感得された神様のお祭りですが、

今となっては日浄上人を知る人も片手で数えるくらいとなってしまいました。

 

これから先のことを考えると、どのようにしてこのお祭りを盛り上げていくか、大変悩みます。

その事も含めて、檀信徒の方に相談、と言う意味でお話させて頂きました。

 

年に一度のお寺でのお祭り事。

コロナで悪い方向に考えがちですが、これをうまく利用することができれば0(ゼロ)ベースから始められる良き時なのかも知れません。何事もプラスにプラスに、、、考えていきましょう。

 

合掌 記 善隆

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福寿稲荷大善神大祭

ブログ75 ブログ76 ブログ78

5月3日 福寿稲荷大善神大祭

 

福寿稲荷とは現住職の祖母に当たる妙信寺を開いたお上人が感得された妙信寺の御守護神です。

 

福寿稲荷祭とは年に一度、この福寿稲荷様に御礼感謝を伝える法要です。

 

 

「皆と共に」ということが当たり前ではないと感じざるを得ない昨今。

皆と共に水行をしお経を読み、感謝の御修行を致しました。

 

例年では法要後に直会(会食)の席がありましたが、昨年からはそうもいきません。

 

飲みの場では酔った勢いでのトラブルも沢山ありましたが、それも今となっては懐かしく、良き思い出です。酔って面と向かってべらべら喋れていたつい最近までの過去が心の底から羨ましいです。

 

御祈祷の息吹を直接に当てられる世の中が一日も早く訪れますように。

 

記 善隆 合掌

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月18日供養法要

4月18日(日)午後1時より、供養法要を厳修致しました。収束どころか変異しながら、しぶとく感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症ですが、それでも沢山の皆様が参拝下さいました。誠に有り難う存じます。

当然のことながら、マスク着用、ソーシャルディスタンスの励行、窓開け、換気口の解放による外気取り入れ、アルコール消毒等、感染防止対策は十分に取った上での法要を心掛けております。

読経に入る前、少々時間を頂き、撫で石の話をさせて頂きました。以外と多くの神社、寺院の境内に撫で石があり、その幾つかを紹介させて頂きました。

群馬県四万温泉にある薬王寺境内には一見人型をした「青麻山薬王殿の撫で石(石碑)」があります。単に石碑と思われておりました撫で石ですが、看板を立てたことにより、ご自分の身体の悪い部位に撫で石を撫で、撫でた手を身体の悪い部位に当てて、合掌する姿を見かけるようになりました。更にSNS等で発信PR活動をして参ります。

また本日は供養法要と言うことで、読経の後、檀信徒の皆様と共に太鼓を打ちながら、お自我偈を三転読修行致しました。

終わりに住職より、ご挨拶と撫で石の補足説明があり、本日の法要は無事終了致しました。檀信徒の皆様お疲れ様でした。合掌  善徹記

1619145895558  1619145952225  1619145881251  1619145909403

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加