11月20日供養法要

令和4年11月20日(日)午後1時より供養法要を厳修いたしました。

本日は曇り空模様で、肌寒い天候でした。本堂も冷房から暖房に切り替わりました。秋は早く終わりを告げ、私の住んでいる団地の木々の紅葉も、早くに色づきもう既に落葉しています。

愈々寒い冬の季節の到来ですね。コロナの8波に加え今年はインフルエンザの流行が早くも始まっております。コロナウイルスは、いつ感染してもおかしくないほど拡大しておりますが、加えてインフルエンザに感染すると重症化する危険性が大と言われております。やはり転ばぬ先の杖で、ワクチンの接種は必要なのでしょうね。お互いに気を付けたいものです。

それにしても、いつもワクチンを打っている印象があるのは、私だけではないのではないでしょうか?これでは身体中がワクチン漬になってしまいそうで心配になります。

さて本日は読経前に御遺文を拝読させて頂きました。

「報恩抄」

されば花は根にかへり、真味は土にとどまる。此功徳は故道善房の聖霊の御身にあつまるべし。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。

「現代語訳」

そうであれば、咲いた花は元の根にかえり、果実の真味(まことの味)は土にとどまるように、日蓮が法華経に身命を捧げてきたその功徳は恩師道善房の聖霊の御身に集まるでしょう。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。

続いて読経に入り、方便、自我偈、神力偈、咒陀羅、御題目、此要のあと、檀信徒の皆さまと共に、自我偈の3転読を行いました。

終わりに住職より挨拶があり、コロナ感染が再び拡大し、あちこちででクラスター感染が発生しており、檀信徒の皆さまには感染に十分留意され、残り少ない本年を、お元気に乗り切って頂きたい旨の話がございました。

また現代文による法華御籤が出来上がり、籤を引く環境が整ったとの報告がありました。

檀信徒の皆さま、ご参詣誠にお疲れ様でした。合掌 善徹記

line_485502618651042line_485519142213744line_461851101322460line_461898959206765line_461888030659113

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月1日祈願法要

11月1日(火)午後1より祈願法要(月守授与)を厳修いたしました。

読経に入る前、10月3日から5日まで開催された、東京教学講習会を受講させて頂きました。日種随翁先生による「報恩抄」拝読の講義につき檀信徒の皆様に話をさせて頂きました。中でも日隆聖人の謗法の根本原因は法華経と諸経とは同じ(理同)であると論じられたところがとても印象的でした。

本日は祈願法要です。供養法要ではいつもの通り檀信徒の皆様と、団扇太鼓を叩きながらお題目を上げさせて頂きました。供養法要の後の住職によるご祈祷法要では、今月もご宝前においての木剣祈祷となりましたが、木剣祈祷に続き撰経を皆様の身体に当てるご祈願が復活して欲しいと願っています。しかし残念ながらコロナ禍の現状では仕方のないことと存じます。

終わりに住職が所長を務める菩薩行研究所では、「法華御籤」を宗門に広めるべく活動をして行くとの話が住職よりあり、本日の法要は終了いたしました。檀信徒の皆様お疲れ様でした。 合掌 善徹記

line_149180579038923line_149206109085007line_149171630406791line_149190780441367line_149197612764802

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日 御会式法要

ブログ130 ブログ131 ブログ132 ブログ133 ブログ134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月16日、祖師 日蓮大聖人第741遠忌 御会式法要を営みました。

毎年お会式にお祀りする桜の花はご信者様等のお手製の物であります。

法要前、約1か月程前から幾日かに分けてお寺に出向いて頂き、皆で作った桜の花を御宝前にお祀りしております。

そんな真心のこもった荘厳の中で大聖人に対しそれぞれお塔婆をあげ、異口同音に報恩のお経をお唱えさせて頂きました。

 

今年は約3年ぶりに池上本門寺のお祭りも再開したそうです。

妙信寺でも約3年振りに法要後有志を募って食事に行きました。

久しぶりの皆での食事が盛り上がったことは言うまでもありません。

 

年の瀬が近づき寒さも厳しくなって参りますが、皆様どうかお体お大事になさってください。

 

善隆 記

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加