未分類

7月1日御祈祷会

令和3年7月1日(木)午後1時より御祈祷会を厳修いたしました。朝の内は強い雨が降っていましたが法要が始まる頃には雨も止み安心しました。

毎回毎回同じことを書くのが嫌になるのですが、今日も書かねばなりません。マスク着用、手の消毒、窓開け換気等、特にインド型変異ウイルス感染症が従来型と置き換わり、東京では第五波が起きつつあり、1日の感染者数が二千人と言う数字も出て来ているようです。横浜も例外ではありません。ワクチンに期待するしかないのかも知れません。

東京五輪もいつか知らない内に開催の方向に向かっており、開催によって感染が更に拡大しないことを願うばかりです。

お寺といたしましては、いつものようにしっかりと、取り得る限りの感染防止対策を講じて参ります。

line_1325757474446548

読経前に「則遣變化人」の話をさせて頂きました。私達は無意識のうちに誰かの助けを受けていると言うことがあります。

後で気がついて見ると、ああ!あの人が仏様が遣わせてくれた變化の人だったんだ、と思うことが多々あります。妙信寺でも薬王寺でも、變化の人に助けられております。本当に有り難いことです。

私達は常に誰かのお陰で、日常生活を送っていると言っても過言ではないでしょう。日々感謝の気持ちを忘れず生活することが如何に大切かと改めて教えられます。

line_1325770589049981  line_1325781982074195

今月も御祈祷はご宝前での御祈祷となりました。住職、副住職による心のこもった木剣による御祈祷の後、いつもなら檀信徒の皆様一人ひとりに撰経を当てるのですが、暫くはそれも叶いません。でも気持ちは十分に伝わっているものと存じます。

line_1325790136401276  line_1325803085795177

終わりに住職より挨拶があり、お盆法要を18日、19日の2日に分けて行うこと、11月頃に妙信寺グリーフケアの集まりを立ち上げたい旨の報告がありました。 合掌  善徹記

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福寿稲荷大善神大祭

ブログ75 ブログ76 ブログ78

5月3日 福寿稲荷大善神大祭

 

福寿稲荷とは現住職の祖母に当たる妙信寺を開いたお上人が感得された妙信寺の御守護神です。

 

福寿稲荷祭とは年に一度、この福寿稲荷様に御礼感謝を伝える法要です。

 

 

「皆と共に」ということが当たり前ではないと感じざるを得ない昨今。

皆と共に水行をしお経を読み、感謝の御修行を致しました。

 

例年では法要後に直会(会食)の席がありましたが、昨年からはそうもいきません。

 

飲みの場では酔った勢いでのトラブルも沢山ありましたが、それも今となっては懐かしく、良き思い出です。酔って面と向かってべらべら喋れていたつい最近までの過去が心の底から羨ましいです。

 

御祈祷の息吹を直接に当てられる世の中が一日も早く訪れますように。

 

記 善隆 合掌

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春彼岸法要

ブログ69 ブログ70

3月20日、21日 両日午前11時より疫病感染予防対策をとりながら春彼岸法要を厳修致しました。

20日の法要では雲一つない快晴な天気に恵まれましたが、翌21日には台風並みの暴風雨という対象的な天候下の法要でしたが、両日共に60名前後の檀家様にお参り頂きました。

昔、尼崎の修行場の先生によく言われた、

「信仰心というものは檀家様から習いなさい」

という言葉を衷心より実感しました。

私共は僧侶は彼岸や盆の行事の際、法要を営むことはしますが、

「御布施を包み、自らの時間を割き、悪天候の元、お寺に足を運ぶ」

という経験はありません。

このような特に悪天候の法要日の際には、

わざわざ電車やバスを乗り継ぎ、傘が曲がりながらも参詣頂く人生の先輩方にただただ頭の下がる思いでおります。

もしも自分が一般の家庭に生まれていたら、、、

と考えると、

「雨だからいいか」、「コロナだから」、、、

行かない理由なんていくらでも思いつくのに、それでも御足労、お参り頂いている檀家様方の行動そのものが信仰の生けた教科書であり、真の信仰心だなと感じた次第であります。

 

彼岸の時期になると、

「彼岸はあの世とこの世が近くなる期間ですので、

仏道修行を実践して沢山の功徳を積みましょう」

とどこのお寺さんでもご鞭撻されていると思いますが、

正にその仏道修行の実践を間近で檀家様に教えて頂き、

ふと昔の師に言われた言葉を思い出し自らを戒める良き修行の彼岸となりました。

 

合掌 拝

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加